福祉の世界 ホームヘルパーの仕事

高齢化社会の中、多くの人が福祉施設等で働いています。特に介護の現場は、常に求人が募集されている、と言う状態が続いています。私たちに身近な介護の仕事に、「訪問介護」があります。これは、介護保険法での居宅サービスの1つで、ホームヘルパーもしくは介護福祉士が高齢者宅を訪問し、サービスを行うことです。サービス内容は、日常生活上のものと決められており、多岐に渡ります。この高齢者の身体介護や生活介護を行う人は、ホームヘルパーと呼ばれます。この職業に就くには、「ヘルパー2級(もしくは1級)」の資格が必要です。この資格を取得後、介護の現場で働くことが出来ます。更にステップアップするのなら、介護福祉士があります。ヘルパー2級資格を取得して、介護の仕事に3年以上従事することが必要です。そして規定の講習を受講後に、介護福祉士の受験資格が得ることができます。

スリッパに名入れは変ですかね

帽子 名入れ 格安